交通・アクセス
サイトマップ
慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科

トップ > 医療関係者、学生のみなさま > 入局希望のみなさまへ > 全身を診る内科医、患者さんと一生涯つきあえる内科医になれる!

全身を診る内科医、患者さんと一生涯つきあえる内科医になれる!

あなたの初心を大切に育む

みなさんが、内科医として生きていこう、自分の人生を賭けてみようと決めた一番の動機は、何でしょうか?「何かわからないが体の調子がどうもおかしいと不安に思っている、あるいは苦しんでいる患者さんの訴えをちゃんと聞いてあげられて、しかもその原因を明らかにしてあげられ、そしてそれをきちっと治すことで患者さんに長生きをしてもらい、喜んでもらうことができるようになりたい」という単純で、そして医者として最も根源的な希望によるものではありませんか。わたしの場合もそうでした。そんな願いを叶えることが我々腎臓内分泌代謝内科ではできます。最も「内科らしい内科医」になることができるのです。

メジャーに挑戦できる

今世紀の内科医療において何がメジャーになるのか?自分が内科のどの専門分野を選ぶかを決めるときに、この問いを一度はしっかりと自分に問うことは大切です。フェアーにみて、おそらく、21世紀は、各臓器の悪性腫瘍性疾患と、生活習慣病である高血圧、糖尿病など内分泌代謝疾患に基づく動脈硬化性疾患による臓器障害(脳、心臓、腎臓不全など)による疾病が2大メジャー疾患になることは明らかです。わが国の死亡原因はこの2大疾患がほぼ同数で、一位、二位を占めていますし、患者さんの数では圧倒的に後者が多いです。癌は生命予後が問題ですし、大変シリアスな疾患でありますが、生活習慣病によっておこる病気は、寝たきり、認知症、失明、腎透析など、患者さんや家族のかたの生活の質そのもの(経済的な問題ももちろん含んでいる)に大きなインパクトを持ち、現代医療の中で最大数の方々の問題となっているといっても過言でありません。こうした医療は国策としても推進されており、大変やりがいのある医療なのです。

極上のフルコースをご賞味あれ

癌の原因はいまだわかっていませんし、おそらくこれからもそう簡単にはわからないでしょう。その診療には、それぞれの臓器の癌を専門にして医療に専念する必要があります。胃癌の専門家であっても肺癌は治すことができません。つまり、内科の中で細分化された分野に身をおき、いわばオタク精神をもって精進する分野です。もちろんそういう医療は、自分がどこかの癌になったときのことを考えるまでもなく、患者さんに必要とされますし、大変重要です。一方、後者は、リスクとなる生活習慣病が1人の患者さんにおいて重積することが多く、現在メタボリックシンドロームとして大変注目されています。この疾患群は同時に進行していき、かつその経過のなかで、血管、臓器それも脳、心臓、腎臓、肝臓などの多臓器の障害が起こっていきます。このジャンルの疾患群の適切な医療を行うには、「わたしはこの分野だけは誰にも負けない、しかし他の内科分野は他の内科の先生に任せておけばいい」、と開きなおってはいられません。糖尿病の専門医だといって威張っていても、そのかたが高血圧をうまくコントロールできない、あるいは腎臓などの臓器障害の程度を評価できないと、結局そのかたの予後を改善できません。我々腎臓内分泌代謝内科では、生活習慣病からその血管臓器合併症に至る一連の連続した疾患群全般に対する、質の高い広角医療を展開したいと考えています。いわば、一品料理を十分堪能しながらその上でフルコースが味わえる科です(別の言い方をすると、有名料亭の作った「幕の内弁当」を味わう内科です)。このような広い臨床分野を持った内科は全国どこを探してもありません。われわれの「腎臓内分泌代謝内科」こそ、全国でも例を見ない、この目的に適った理想的な臨床領域をカバーするユニークな内科なのです。せっかくそのような科が存在する医学部に席をおく先生方にとって、この科をエンジョイしない手はないと思います。

現代医療の寵児になる

慶應義塾大学医学部内科学教室は、一講座制をとっており、それは素晴らしいシステムであると思います。内科全科をローテートでき、そのことで、内科疾患全般に対するいわば"勘"のようなもの、つまり目の前で苦しんでいる患者さんは、内科のどのような領域の病気なのか、ある程度経過観察していいのか、それともすぐに対応すべきかなどを判断できる実力が養われると思います。しかしそれは、内科のgeneral physician的な才能であり、患者さんをその専門内科医に適切に振り分けできる能力に過ぎません。その患者さんを責任をもって適切に治療できる内科医になれるわけではありません。我々腎臓内分泌代謝内科では、生活習慣病の結果おこってくる虚血性心疾患や脳血管障害の一次予防も我々の責任と考えております。生活習慣病を治療していく中で実際にそれらの病気が粛々とおこっていくわけですし、われわれが循環器内科や神経内科の先生に患者さんのことで相談するのは、狭心症やTIAの症状が出てきてからです。そうなったときは、かなりのinterventionを要する治療が必要になっていることが多く、それはそれぞれの科の専門の先生にお任せしないといけない段階です。しかしその段階に至るまでの医療は我々がきちんとしないといけないのです。メタボリックシンドロームが流行語大賞となるまでに注目を浴びているなかで、我々は非常に期待されていますし、それだけにこの時代のニーズに正しく答えていかねばなりません。また、その醍醐味を味わうことができるのです。
我々が本来カバーする腎臓学の領域でも、腎炎などの腎臓特異的な病気にとどまらず、メタボリックシンドロームの早期合併症である慢性腎臓病(CKD)患者が激増しており、さらに重要なことは、このCKDが心血管病のリスクそのものとなることが明らかにされ、現在脚光を浴びています。したがって、我々腎臓内分泌代謝内科でこそ、こうした時代の期待を担って、生活習慣病全般とその合併症すべてをマネージケアできる広角的な医師になることが可能です。

複数の専門医をもつオールラウンドプレーヤーをめざす

このように我々腎臓内分泌代謝内科では、メタボリックシンドローム患者さんの総合医療を目指して、肥満、高血圧症、糖尿病、高脂血症、CKDや腎症、さらに虚血性心疾患、脳血管障害の一次予防全体をも理解し診療できる力を備えることができます。更に、それにプラスして、それぞれの特殊専門分野を持つことができるシステムを有しています。血液/腹膜透析法、腎炎(腎生検)、特殊糖尿病、副腎疾患などについて、教室員それぞれが、その疾患では自分は日本一であるとの自負が持てるまでに精進するように努力しています。大多数の患者と特殊疾患患者の双方のニーズにこたえられる医療力を獲得することは可能です。腎臓、透析、高血圧、糖尿病、内分泌、産業医、抗加齢などの専門医を複数取得することができます。今後の診療では専門医を持っているかは死活問題ですが、複数の専門医資格を有するかたはまだまだ少なく、それが可能となる我々の科に属すれば、大変将来有利になると思います。

頼りがいのあるLife-Long Care Doctorになれる

患者さんの一生において、癌や心血管イベントはあるワンシーンです。それだけでその人の人生が終わるわけではありません。それらの病気がおこる前にはそこに至るだけの長い時間経過があり、また起こったあとも患者さんの人生は続きます。またひとつだけの疾患で一生を終えることもありません。そんな患者さんにとって本当に頼りになる医師とはどんなものでしょうか?常にそばにいてくれて自分の生活を理解してくれ、人生のその場面、その場面に応じて良質の医療を提供してくれる人物ではないでしょうか?腎臓内分泌代謝内科では、患者さんに生きていて良かったと言ってもらえる医師、患者さんのgood companionとなれる医師の養成を目指しています。

飽きない、食いはぐれがない

ある手技の習得に魅力を感じてある領域に進もうとする方もいらっしゃると思いますが、手技は日進月歩であります。自分が年をとるなかでいつか時代に取り残されますし、日々の同じ手技の繰り返しの中で、飽きがくることもあります。千変万化する患者さんの訴えに常に真摯に耳を傾けそしてそれに対して早め早めに対応していく医療は、王道です。飽きることはありませんし、また常に要求される領域で、一生続けられます。

「腎臓内分泌代謝内科」という枠で語りきれない

我々は「全身を診る内科」を目指しております。そのためには、疾患を治そうとする姿勢だけでは絶対に一線は越えられません。さらに高次の内科診療を実践するには、患者さんの生活全体、人格そのものを観て(観るとは、心で見るということで、見るということと中国では古くから区別されてきた)、全身を管理する(診る)内科を目指しています。



一覧へ戻る

腎臓内分泌代謝内科の臨床体制と魅力のプログラム


↑PAGE TOP