交通・アクセス
サイトマップ
慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科

トップ > 医療関係者、学生のみなさま > 入局希望のみなさまへ > 腎臓内分泌代謝内科の臨床体制と魅力のプログラム

腎臓内分泌代謝内科の臨床体制と魅力のプログラム

臨床体制

  1. 現在腎臓内分泌代謝内科は3つの臨床分野、すなわち、腎臓病学、内分泌学、糖尿病代謝学に分かれて臨床活動を行っています。
  2. 入局者はまず、大きく、腎臓内科領域と内分泌代謝内科領域のどちらかに属することを本人の希望で決定してもらっています。それぞれの内科領域では、腎臓病専門医および糖尿病専門医を取得することが必須条件となっています。すなわち、腎臓病および糖尿病をまず専門の軸足としています。
  3. そのうえで、内分泌学の臨床分野は、双方の内科領域に属する方のどちらもが臨床経験を積めるように配慮されています。
  4. さらに、本人が希望すれば、内分泌学代謝内科領域に属するかたも腎臓病学の臨床分野を、逆に腎臓内科領域のかたも糖尿病代謝学の臨床分野を経験できるような新しいプログラムが組まれています。

魅力の臨床プログラム

  1. 複数の専門医取得プログラム:
    糖尿病、内分泌、高血圧、腎臓、透析専門医などを複数取得することが可能です。また、腎生検、腎代替療法(血液、腹膜透析法、カテーテル挿入、シャント手術、腎移植フォロー)、腎エコーなどの手技の獲得が可能です。
  2. 腎臓内科領域と内分泌代謝内科領域のExchange Program:
    腎臓内科領域の方も内分泌代謝内科領域のかたも、双方の臨床活動を研修できるプログラムを新たに設定しました。これにより、腎臓内分泌代謝学全般の専門的医療をある程度実践できる実力を体得することができます。
  3. 病院赴任に対する3つの新しいポリシー:
    みなさんの病院派遣についての現実的な希望に応えるために以下の3つのポリシーを持ってみなさんの関連病院での活動を支援することにしました。
    1. 東京23区内を中心とした充実した教育プログラムを用意する一流病院への派遣
    2. 主に、東京都神奈川県を中心とした、責任あるポジションを将来得る事ができるような重点拠点病院での複数医師によるチーム医療の実現
    3. 女子医師に優しい東京都内の勤務病院の確保
  4. 複数の寄附講座を利用した有給ポジションでの個性あふれる臨床活動の確保:
    現在腎臓内分泌代謝内科では4つの寄附講座が開講されています。その講座の有給ポジションを利用して、個々人の希望を優先させた臨床、研究活動を展開させていきます。
  5. 海外における臨床活動へのExposure Program:
    海外での臨床活動の実際を見聞する機会は意外にありません。このことを実現し、自分たちの臨床に応用するために、我々は現在、寄附講座などを利用して、海外の医療施設(カロリンスカ大学、ハーバード大学、デューク大学など)での臨床活動を短期間見学するプログラムを現在検討中です。


全身を診る内科医、患者さんと一生涯つきあえる内科医になれる!

一覧へ戻る

腎臓内分泌代謝内科の様子


↑PAGE TOP