交通・アクセス
サイトマップ
慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科

トップ > 医療関係者、学生のみなさま > 教育・研修について > 専修医プログラム

専修医プログラム

腎臓部門

プログラムの概要

慶應義塾大学病院および地域の基幹病院で内科医としての幅広いトレーニングを2年間受けた後、腎臓内科医として広範な知識と医療技術を兼ね備えた医療人を育成することを目標として、慶應義塾大学腎臓内分泌代謝内科および、学外の教育基幹病院において腎臓内科の研修を行います。研修期間中には、内科認定医、総合内科専門医、透析専門医、腎臓専門医の取得を目指すほか、関連の基礎研究、臨床研究によって学位取得を目指します。また、腎臓内分泌代謝内科という特徴を活かし、腎臓内科のみでなく、高血圧専門医、内分泌専門医などを合わせて取得が可能です。

スケジュール

専修医3年次(卒後5年目)以降の具体的なスケジュールは以下の通りとなります。

専修医3年次(卒後5年目):
慶應義塾大学病院腎臓内分泌代謝内科での腎臓内科病棟研修。関連した臨床研究、基礎研究の開始。

専修医4年次(卒後6年目):
慶應義塾大学病院腎臓内分泌代謝内科でのsubspecialtyの確立に向けた基礎研修(前半)。血液浄化・腎透析センターにおける血液透析、血液浄化療法の研修。関連した臨床研究、基礎研究の継続。

専修医5年次(卒後7年目):
慶應義塾大学病院腎臓内分泌代謝内科でのsubspecialtyの確立に向けた基礎研修(後半)。腎生検、腎病理読影の研修。関連した臨床研究、基礎研究をまとめ、学位の取得を目指す。

専修医6年次(卒後8年目)以降:
慶應義塾大学病院の関連病院で腎臓内科医として臨床に従事、または国内外への留学など。

取得を目指す専門医資格

日本内科学会 内科認定医、総合内科専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 専門医

内分泌部門

プログラムの概要

当科における内分泌専門医の取得に向けた研修は、腎臓部門または糖尿病・代謝部門のどちらに属しても受けることができます。研修の対象となる内分泌疾患は、副腎疾患、間脳・下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、性腺疾患など、すべてをカバーします。内分泌疾患は稀な疾患が多く、一般病院で内分泌疾患を目にする機会はそれほど多くはないかと思われます。しかし当科の研修プログラムにしっかり参加していただければ、年間約100例の内分泌疾患を目にすることができます。この大学病院ならではの利点を生かして、みなさんにぜひ積極的に研修に参加していただきたいと考えています。
その中でも、当科は副腎疾患研究の伝統的背景から、副腎疾患の入院が多いのが特徴です。厚生労働省難治性疾患克服研究事業の一環で、副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班の一員として、これまでずっと研究を続けてきている歴史があります。また日本内分泌学会における企画部会の一員として、疾患診断・治療のガイドライン作成に携わっており、当施設は常に第一線の位置づけにあります。他科との診療連携も充実しています。当院放射線診断部は、原発性アルドステロン症の手術適応決定(局在診断)に必須である副腎静脈血サンプリングという検査法の確立に深く関わった歴史的背景から、現在もその技術力の高さは最高レベルです。また当院泌尿器科は、副腎腫瘍摘出手術に関して早くから後腹膜腔鏡を用いた低侵襲手術を導入しており、経験豊富な技術力を求めて遠方より患者さんが集まって来ます。さらに、当院小児科・中央臨床検査部が中心となって行っている尿中ステロイド一斉分析の技術・研究は、先天性副腎過形成(副腎酵素欠損症)の診断に有用であるのみならず、成人副腎疾患の診断など幅広く利用されていますが、現在のところ分析可能な施設は全国でも当院を含めて数えるほどしかありません。これらの環境から、副腎疾患の研修に関しては、日本国内でトップレベルの内容を提供できると確信しています。

スケジュール

研修の中心は病棟業務になります。内分泌疾患として入院した患者さんの受持医になる機会は、腎臓部門、糖尿病・代謝部門のどちらに属していても、均等に割り振られます。栗原講師を中心とした当科のスタッフが指導医として個々の病棟業務を補佐します。退院後は、ホルモン値に関するデータシートの作成、病歴総括の提出が義務付けされますが、その作成過程を通じて知識の整理をするのも研修です。その際もホルモン値の解釈などにつき丁寧に指導を行います。 また週1回、木曜日の夕方に1時間程度の内分泌症例カンファレンスを行っています。受持医は、内分泌データを中心にプレゼンテーションを行いホルモンデータの解釈について参加者全員でディスカッションします。この場で、自分が受け持っていない症例にも触れることで、経験のシェアを目指しています。カンファレンス後には病棟回診があります。内分泌疾患に特徴的な身体的所見(Cushing症状など)を目にするまたとない機会となります。
入院適応のない(または入院評価後の)内分泌疾患の方の外来に補佐としてつく機会も申し出があれば優先的に与え、より多くの内分泌疾患を経験することも行っています。

内分泌疾患に関する研究・学会活動

副腎内分泌グループに所属したメンバーが参加することができます。研究には、大きく分けて臨床研究と基礎研究があります。臨床研究は、過去のデータを統計解析したり、経時的にデータ・疾患に関連する合併症などの推移を追ったりして、将来よりよい診断法・治療法を確立していくことを目的とします。基礎研究は、培養細胞やモデル動物を用い、最先端の分子生物学的手技を駆使した実験を通じて、細胞レベル・遺伝子レベルで病気の原因・発症機構に迫ることを目的とします。学位取得だけでなく、一流の科学雑誌投稿を目指すといった高い志で臨んでもらいたいと思っています。学会活動は、年1回の日本内分泌学会およびアメリカ内分泌学会を中心に、臨床中心のものから基礎研究色の濃いものまで、幅広く参加しています。学生時代から、内分泌学に興味を持っている方、研修を通して内分泌疾患に対する興味が強まった方は、ぜひ研究の門戸も叩いてみてください。

糖尿病・代謝部門

プログラムの概要

後期臨床研修の前半2年間での全内科ローテーションが終了した後(卒後5年目)、腎臓内分泌代謝内科に所属してからの専修医期間3年間で、教室員全員の日本内科学会認定医、総合内科専門医(旧:認定内科専門医)ならびに、各専門医の取得と医学博士号の取得を前提としたカリキュラムを組み、「リサーチセンスを持つ臨床医の育成」を目指しています。特に、日本糖尿病学会専門医は、その取得が困難な専門医制度の一つですが、当科では2006年度2名、2007年度6名、2008年度2名が合格し、その取得に支障のないプログラムを継続しています(最近の全国平均合格率約60%)。

スケジュール

専修医3年次(卒後5年目)以降の具体的なスケジュールは以下の通りとなります。

専修医3年次(卒後5年目):
糖尿病学会専門医、内分泌学会専門医のトレーニングを開始する。病棟では主治医(オーベン)として研修医や学生の教育に携わりながら、内分泌代謝疾患、あるいは内科的な諸問題にて入院となった患者を中心に診療を行う。外来では主治医補佐の業務に従事し、症例ごとの状態に応じたフォローの仕方などを学ぶ。

専修医4年次(卒後6年目):
内分泌代謝外来診療、ならびに他科からの診療依頼に対する対応を中心に学ぶ。長期にわたる患者管理とコンサルテーションの資質を身につけることに重点を置く。

専修医5年次(卒後7年目):
他科に内分泌代謝疾患以外の問題で入院中の患者(併診患者)に主としてかかわり、外科系の手術前後の管理、高カロリー輸液時の血糖などの管理、妊娠糖尿病もしくは糖尿病合併妊娠の管理など特殊な病態における内分泌代謝疾患管理を中心に研修する。同時に学位論文作成の仕上げを行う。

専修医6年次(卒後8年目)以降:
各人の適性、希望、実績を考慮して、国内外を問わず留学して研究に数年集中する機会が与えられる場合と、糖尿病専門医として関連病院へ就職する場合とがあります。

研修内容

1型、2型糖尿病の血糖コントロールや糖尿病教育目的入院を担当し、適切な食事、運動療法に加え、インスリンの使用法や経口血糖降下薬の使い方を修得します。症例によっては、Continuous glucose monitoring systems(CGMS)により、詳細な糖の日内変動を評価します。また、周術期の血糖コントロールや妊娠時の血糖管理に携わる上、3大合併症や動脈硬化性疾患の評価を行うため、他科とのコミュニケーションを重視しています。食事・運動療法を中心とする肥満症例や、重症肥満症例を対象とした胃縫縮術の前段階として胃内バルーン留置術の適応症例を担当することもあります。

現在の糖尿病・代謝部門の外来患者数はのべ約5,000名で、2008年の当部門への年間入院患者数は298名(1型糖尿病10.0%、2型糖尿病80.0%、ステロイド糖尿病など4.0%そのほか)です。患者一人あたりの平均在院日数は16.0日(2008年)となっています。



一覧へ戻る

大学院プログラム


↑PAGE TOP