交通・アクセス
サイトマップ
慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科

トップ > 受診されるみなさま > 代表的な病気の解説 > メタボリック症候群

メタボリック症候群

概要

メタボリック症候群(またはメタボリックシンドローム)とは、生活習慣病といわれる肥満、高血圧、耐糖能障害(たいとうのうしょうがい)、脂質異常症(ししついじょうしょう)などの危険因子がひとりの患者さんに集積する状態のことをいいます。これら危険因子が集積すると虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)や脳血管障害(のうけっかんしょうがい)などの動脈硬化性疾患(どうみゃくこうかせいしっかん)を発症し、ことにわが国では、動脈硬化性疾患による死因は約30%以上にものぼると推測されています。このために、患者さん個人個人の状態をより早期に知る必要があり、日本では2005年にその定義、診断基準が明確にされ一般に認知されつつあります。
メタボリック症候群では、肥満とくに内臓脂肪蓄積型肥満(ないぞうしぼうちくせきがたひまん)が病態の上流にあり、遺伝的背景(いでんてきはいけい)に環境因子が加わり、各危険因子が経時的に連鎖することで動脈硬化性疾患を発症します。各危険因子の経時的な連鎖をドミノ倒しに見立てたものが「メタボリックドミノ」の図として表されます(図1)。これらの病態生理についてはさかんに研究が行われ、治療ついての根拠も蓄積してきています。とりわけ、メタボリック症候群の予防のためには、食事・運動療法を含めた生活習慣の改善が重要です。
2007年5月の厚生労働省の発表では、日本人メタボリック症候群の患者さんは予備軍を含め1,940万人と推定され、先進国を中心にその病態を一般に啓発し、疾病予防を目指す政策が模索されています。わが国では、2008年度より、医療保険者による定期健診(勤労者では労働安全衛生法)に腹囲測定が追加され、メタボリック症候群に着目した特定健診・保健指導プログラムが開始されました。

図1 メタボリックドミノ

症状

メタボリック症候群の患者さんは、「メタボリックドミノ」の図で上流から中流にかけての多くの場合、ほとんど症状がありません。「飲み過ぎ、食べ過ぎ、運動不足」などの生活習慣の乱れは、過体重(かたいじゅう)、肥満をきたします。肥満は、皮下に脂肪のたまりやすい皮下脂肪型肥満(ひかしぼうがたひまん)と、小腸などの内臓の周囲に脂肪のたまりやすい内臓脂肪型肥満(ないぞうしぼうがたひまん)とに分類されます。外見上から、皮下脂肪型肥満は「洋なし型肥満」、内臓脂肪型肥満は「りんご型肥満」ともいわれます。このうち、メタボリック症候群の危険度が増すのは「りんご型」体型の内臓脂肪型肥満です。内臓脂肪型肥満ではインスリンという血糖を下げるホルモンの効きが悪くなり、この状態を「インスリン抵抗性」といいます。この「インスリン抵抗性」が、ホルモンのバランスや血管の状態を悪化させることが示されています。こうした観点から、メタボリック症候群の症状として、「ズボンのベルトがきつくなった」「服屋さんでウェストを測ってもらったら90cmといわれた」といった腹囲、ウェストの増大を示す症状は重要です。
この内臓脂肪肥満に加えて、高血圧、耐糖能障害、脂質異常症のうち2項目を満たす場合にメタボリック症候群と診断されますが、上述のように、メタボリック症候群と診断された時点で症状のある患者さんはほとんどいません。この時点で、「症状がないから」と生活習慣を見直さないと、「メタボリックドミノ」の下流に進み、さまざまな症状をおこしてしまいます。網膜症(もうまくしょう)による失明、腎症による血液透析(けつえきとうせき)、神経障害による下肢切断は糖尿病の3大合併症です。狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)は「胸痛」を起こしますし、脳血管障害は「頭痛」「麻痺」などの症状をきたします。メタボリック症候群は、これらの症状をきたす前に患者さん自身に生活習慣を見直し、改善していただくことを目的に確立された病態概念(びょうたいがいねん)なのです。

診断

重要なことは患者さんに「御自身の状態を知ってもらう」ことです。健康診断のお知らせがきたら是非受診しましょう。「悪いところはないから」とか、「病院にかかっているから」といって無視してはいけません。もし、あなたが病院に通院していても、その病気に対する診療は施されても、全身のチェックを受けているとは限りません。是非、健康診断やガン検診などをご活用ください。
メタボリック症候群については、わが国において日本内科学会が中心となって作成した診断基準(しんだんきじゅん)があります(表1)。これは上述のように、ウェスト周囲径を計測し、男性であれば85cm以上、女性であれば90cm以上の場合に、空腹時の血液検査で、1. 中性脂肪(トリグリセライド)値が150mg/dL以上または善玉コレステロールであるHDL-コレステロール値が40mg/dL未満、2. 収縮期血圧130mmHg以上かつ/または拡張期血圧85mmHg以上、3. 空腹時血糖値110mg/dL以上、の3項目のうち2つ以上を満たす場合に、メタボリック症候群と診断されます。この他でも、例えば、糖尿病で血糖を下げるお薬を飲んでいる方は、耐糖能障害として3項目のうちの1つに含めます。

表1 日本のメタボリック症候群の診断基準

治療

メタボリック症候群の治療は、「メタボリックドミノ」のドミノ倒しの駒が倒れるのを止めることと同じであり、初期の段階から積極的に介入しメタボリック症候群の進行を止める必要があります。最上流では、個々の症例の生活習慣や体型に応じた適正体重(てきせいたいじゅう)、目標体重(もくひょうたいじゅう)を設定し、生活習慣の是正、食事、運動療法を指導します。具体的には、1kg減量するために約7,000kcalのエネルギーのマイナスバランスが必要であることを念頭に、目標体重までの必要エネルギー量を計算し、1日のエネルギーバランスと照らし合わせます。例えば、約150-200kcalと計算される茶わん1杯分の御飯相当を一日の食事量から減らせば、約1~1.5ヶ月で約1kgの減量につながります。また、運動療法は有酸素運動、いわゆるウォーキングやジョギングなどが望ましいとされています。平均約200-250kcalの消費エネルギーと計算される8千~1万歩/日のウォーキングを約1ヶ月実施することで、約1kgの減量を達成できます。また、「駅では階段を利用する」「テレビのリモコンは使わない」といったわずかな工夫で身体活動量(身体活動量)を高めることも消費エネルギー増大に重要です。

生活上の注意

メタボリック症候群から種々の病態を予防するために、まず御自身の状態を知ってください。対象となる健康診断や検診を受診してください。また、上記の治療に示すように生活習慣の改善、具体的には、「腹八分目」や「よく噛むこと」、「身体活動量を増やすこと」に努めてください。さらに規則的な生活、充分な睡眠、喫煙者は禁煙にお心掛けください。

慶應義塾大学病院での取り組み

  • 糖尿病外来を初診される患者さんのウェスト周囲径を測定しています。
  • 栄養士さんと面談していただき、ご自身の現在のカロリー摂取状態、適切なカロリーをしっていただくことができます。
  • 「メタボリックドミノ」に着目した「ドミノパスポート」をお持ち帰りいただき、患者さん御自身の状態の把握に御活用いただけます。

さらに詳しく知りたい方への書籍とwebサイトの案内

メタボリックシンドロームを予防しよう外部リンク (厚生労働省)
メタボリック症候群を分かりやすく説明しています。

健康づくりのための運動指針2006外部リンク (厚生労働省)
身体活動、運動、生活活動について、具体的な指針が述べられています。


高血圧症

一覧へ戻る

高尿酸血症と痛風


↑PAGE TOP