交通・アクセス
サイトマップ
慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科

トップ > 医療関係者、学生のみなさま > 腎臓内分泌代謝内科の研究活動 > 腎臓・血管再生グループ

腎臓・血管再生グループ

構成メンバー

<腎臓再生グループ>

・スタッフ

門川俊明

(専任講師、医学教育統轄センター)

(平成 3 年卒)

・学内メンバー

森實隆司

(助教)

(平成17年卒)

藤井静花

(研究員)

<血管再生グループ>

・学内メンバー

本間康一郎

(専任講師、救急科)

(平成 12年卒)

山口慎太郎

(特任助教)

(平成17年卒)

・学外メンバー

山原研一

(訪問講師) (国立循環器病研究センター研究所 再生医療部 室長)

研究活動

我々の研究グループでは、次に示すプロジェクトを通じて、腎臓の尿細管および血管再生のメカニズムを明らかにし、再生促進する薬剤の開発、細胞療法の可能性を検討している。

  1. ES細胞、iPS細胞を用いた腎臓および血管構成細胞への分化誘導方法の確立
  2. 尿細管再生に重要と考えられる近位尿細管S3セグメントに特異的に白血病抑制因子(LIF)を強発現するマウスや、薬物投与により近位尿細管S3セグメントを特異的に除去できるマウスを用いた、尿細管の再生の分子機構の解明
  3. ES細胞・iPS細胞を用いた動脈硬化進展メカニズムの解明

代表業績

  1. Sekine M, Monkawa T, Morizane R, Matsuoka K, Taya C, Akita Y, Joh K, Itoh H, Hayashi M, Kikkawa Y, Kohno K, Suzuki A, Yonekawa H. Selective depletion of mouse kidney proximal straight tubule cells causes acute kidney injury. Transgenic Res. 2011 Mar 24.
  2. Homma K, Sone M, Taura D, Yamahara K, Suzuki Y, Takahashi K, Sonoyama T, Inuzuka M, Fukunaga Y, Tamura N, Itoh H, Yamanaka S, Nakao K. Sirt1 plays an important role in mediating greater functionality of human ES/iPS-derived vascular endothelial cells. Atherosclerosis. 2010;212(1):42-7.
  3. Morizane R, Monkawa T, Itoh H. Differentiation of murine embryonic stem and induced pluripotent stem cells to renal lineage in vitro. Biochem Biophys Res Commun 2009;390:1334-1339. (Monkawa T is the corresponding author in this paper)
  4. Taura D, Noguchi M, Sone M, Hosoda K, Mori E, Okada Y, Takahashi K, Homma K, Oyamada N, Inuzuka M, Sonoyama T, Ebihara K, Tamura N, Itoh H, Suemori H, Nakatsuji N, Okano H, Yamanaka S, Nakao K. Adipogenic differentiation of human induced pluripotent stem cells: comparison with that of human embryonic stem cells. FEBS Lett. 2009;583(6):1029-33.
  5. Yamahara K, Sone M, Itoh H, Yamashita JK, Yurugi-Kobayashi T, Homma K, Chao TH, Miyashita K, Park K, Oyamada N, Sawada N, Taura D, Fukunaga Y, Tamura N, Nakao K. Augmentation of neovascularization in hindlimb ischemia by combined transplantation of human embryonic stem cells-derived endothelial and mural cells. PLoS One. 2008;3(2):e1666.
  6. Monkawa T, Hayashi M. Search for genes expressed during progression and recovery in the diseased kidney. Kidney Int 2005;68(5):1969-1970.


腎高血圧発症病態解明・治療ワクチン開発グループ

一覧へ戻る

肥満・2型糖尿病発症・予防グループ


↑PAGE TOP