交通・アクセス
サイトマップ
慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科

トップ > 医療関係者、学生のみなさま > 腎臓内分泌代謝内科の研究活動 > 免疫・腸管代謝グループ

免疫・腸管代謝グループ

研究指針・理念

なぜ同じカロリーの食事をしても太る人とそうでない人がいるのか、なぜ一度太ると元に戻すことが困難であるのか、日常の糖尿病・代謝異常症の臨床で生じる疑問に対して基礎実験を用いてアプローチし、臨床に還元できる解決策を模索することを研究の目的としています。
特にメンバーのこれまでの経験を生かし、免疫担当細胞のメタボリックシンドローム・糖尿病での役割の解明、肝臓や腸管などの消化器臓器へのアプローチを介したメタボリックシンドローム・糖尿病の治療法の探索を中心に研究を進めています。

研究活動

  1. 肝内免疫担当細胞の代謝異常症における役割の検討
    肝臓は代謝に関わる極めて重要な臓器の一つですが、一方で多くの免疫担当細胞を含む免疫臓器であることも知られています。しかしながら肝内免疫担当細胞の生理的な役割は不明であります。我々の研究室では、これらの免疫担当細胞が個体のエネルギー代謝制御に関与していると考え、肝内免疫細胞を標的としたメタボリックシンドローム・糖尿病の治療法を検討しています。

  2. 肝脂肪蓄積のメタボリックシンドローム・糖尿病への影響の検討
    肝臓自体の代謝異常症としての表現型に肝脂肪蓄積(脂肪肝)があり、昨今脂肪肝が将来の糖尿病発症の独立した危険因子であることがわかってきました。しかし脂肪肝がいかに糖尿病発症に寄与するかは明らかではありません。そこで我々の研究室では自然発症脂肪肝モデル動物を用いて本病態の機序の解明、および臨床で用いられている脂肪肝治療薬の様々な効果の評価を行い、臨床応用可能な有効な治療法の探索を行っています。

  3. 腸内環境のメタボリックシンドローム・糖尿病への影響の検討
    摂食した食事は腸管で消化・吸収されますが、その過程が代謝異常症の形成に与える意義については明らかでありません。我々の研究室では代謝異常症の形成に腸内環境の変化、特に腸内細菌叢の変化が重要であると考えて研究を進めています。腸内細菌を制御した動物を使用して薬物の効果を評価し、またヒトの腸内細菌の変化を様々な代謝指標と合わせて検討しています。

  4. 代謝異常症における心理状態の検討
    代謝異常症では、高血糖や高インスリン血症などにより心理状態が変化すると考えられています。心理状態は生活習慣を左右することから、代謝異常症の療養生活において非常に重要な位置を占めています。我々の研究室では、心理状態をアンケートや神経心理検査などにより検討し、血糖値やホルモン、体重の変化などとの関係を調べることで、代謝異常症治療の新たな切り口を見出そうとしています。

構成メンバー

・スタッフ

入江潤一郎

(専任講師)

(平成8年卒)

・学内メンバー

田川裕恒

(大塚病院 内科)

(平成18年卒)

伊藤 新

(シンシナティ大学 免疫学講座)

(平成18年卒)

楠本幸恵

(助教)

(平成19年卒)

加藤麻里

(助教)

(平成20年卒)

小林奈奈

(大学院生)

(平成20年卒)

菊地理恵子

(助教)

(平成20年卒)

田中久美子

(大学院生)

(平成21年卒)

藤田真隆

(大学院生)

(平成21年卒)

中島裕也

(大学院生)

(平成21年卒)

後藤伸子

(助教)

(平成12年卒)

診療活動

2型糖尿病、肥満症、脂肪肝

活動している学会

日本内科学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本肥満学会、日本肥満症治療学会、米国糖尿病学会、日本免疫学会など。

代表的論文・著書

  1. Itoh A, Irie J, Tagawa H, Kusumoto Y, Kato M, Kobayashi N, Tanaka K, Kikuchi R, Fujita M, Nakajima Y, Wu Y, Yamada S, Kawai T, Ridgway WM, Itoh H. GLP-1 receptor agonist, liraglutide, ameliorates hepatosteatosis induced by anti-CD3 antibody in female mice. J Diabetes Complications 31:1370-1375, 2017
  2. Kusumoto Y, Irie J, Iwabu K, Tagawa H, Itoh A, Kato M, Kobayashi N, Tanaka K, Kikuchi R, Fujita M, Nakajima Y, Morimoto K, Sugizaki T, Yamada S, Kawai T, Watanabe M, Oike Y, Itoh H. Bile acid binding resin prevents fat accumulation through intestinal microbiota in high-fat diet-induced obesity in mice. Metabolism. 71:1-6, 2017
  3. Irie J, Kanno Y, Kikuchi R, Yoshida T, Murai S, Watanabe M, Itoh H, Hayashi M. L-Carnitine improves gastrointestinal disorders and altered intestinal microbiota in hemodialysis patients. Biosci Microbiota Food Health. 36:11-16, 2017
  4. Morimoto K, Watanabe M, Sugizaki T, Irie J, Itoh H. Intestinal bile acid composition modulates prohormone convertase 1/3 (PC1/3) expression and consequent GLP-1 production in male mice. Endocrinology 157: 1071-1081, 2016
  5. Miyamoto J, Kasubuchi M, Nakajima A, Irie J, Itoh H, Kimura I. The role of short-chain fatty acid on blood pressure regulation. Curr Opin Nephrol Hypertens 25:379-383, 2016
  6. Irie J, Itoh H. Dysbiosis in the pathophysiology of coronary artery disease. J Atheroscler Thromb 23:901-902, 2016
  7. Yoshifuji A, Wakino S, Irie J, Tajima T, Hasegawa K, Kanda T, Tokuyama H, Hayashi K, Itoh H. Gut Lactobacillus protects against the progression of renal damage by modulating gut environments in rat. Nephrol Dial Transplant 31:401-412, 2016
  8. Tagawa H, Irie J, Itoh A, Kusumoto Y, Kato M, Kobayashi N, Tanaka K, Morinaga R, Fujita M, Nakajima Y, Morimoto K, Sugizaki T, Kawano Y, Yamada S, Kawai T, Watanabe M, Itoh H. Bile acid binding resin improves hepatic insulin sensitivity by reducing cholesterol but not triglyceride levels in the liver. Diabetes Res Clin Pract. 109:85-94, 2015
  9. Sugizaki T, Watanabe M, Horai Y, Kaneko-Iwasaki N, Arita E, Miyazaki T, Morimoto K, Honda A, Irie J, Itoh H. The Niemann-Pick C1 Like 1 (NPC1L1) inhibitor Ezetimibe improves metabolic disease via decreased Liver X Receptor (LXR) activity in liver of obese male mice. Endocrinology 155:2810-9, 2014
  10. Yamada Y, Uchida J, Izumi H, Tsukamoto Y, Inoue G, Watanabe Y, Irie J, Yamada S. A non-calorie-restricted low-carbohydrate diet is effective as an alternative therapy for patients with type 2 diabetes. Internal medicine 53: 13-19, 2014
  11. Kodama K, Horikoshi M, Toda K, Yamada S, Hara K, Irie J, Sirota M, Morgan AA, Chen R, Ohtsu H, Maeda S, Kadowaki T, Butte AJ. Expression-based genome-wide association study links the receptor CD44 in adipose tissue with type 2 diabetes.Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109: 7049-7054, 2012
  12. Tada A, Shimada A, Yamada T, Oikawa Y, Yamada Y, Okubo Y, Irie J, Bluestone JA, Itoh H. A mimic of viral double-stranded RNA triggers fulminant type 1 diabetes-like syndrome in regulatory T cell-deficient autoimmune diabetic mouse. J Immunol 187: 4947-4953, 2011
  13. Yamada S, Ano N, Toda K, Kitaoka A, Shiono K, Inoue G, Atsuda K, Irie J. Telmisartan but not candesartan affects adiponectin expression in vivo and in vitro. Hypertens Res. 31:601-606, 2008
  14. Irie J et al. Genome-wide microarray expression analysis of CD4+ T Cells from nonobese diabetic congenic mice identifies Cd55 (Daf1) and Acadl as candidate genes for type 1 diabetes. J Immunol. 180(2):1071-1079, 2008
  15. Yamada S, Tsukamoto Y, Irie J. Waist circumference in metabolic syndrome. Lancet. 370(9598):1541-1542, 2007
  16. Irie J et al. Modulating protective and pathogenic CD4+ subsets via CD137 in type 1 diabetes. Diabetes. 56(1):186-196, 2007
  17. Irie J et al. NOD.c3c4 congenic mice develop autoimmune biliary disease that serologically and pathogenetically models human primary biliary cirrhosis. J Exp Med. 203(5):1209-1219, 2006
  18. Irie J et al. Genetic control of anti-Sm autoantibody production in NOD congenic mice narrowed to the Idd9.3 region. Immunogenetics. 58(1):9-14, 2006
  19. Irie J et al. A modular theory of autoimmunity. Keio J Med. ;54(3):121-126, 2005
  20. Irie J et al. N-acetyl-cysteine accelerates transfer of diabetes into non-obese diabetic scid mice. Diabetologia. 47(10):1803-1809, 2004


  21. 入江潤一郎, 伊藤裕. 睡眠と腸内細菌叢. 腸内細菌学会誌 31: 143-150, 2017
  22. 入江潤一郎. 臨床糖尿病学 血糖制御に関わる臓器・関連因子-腸内細菌叢- 日本臨床増刊 74: 278-282, 2016
  23. 入江潤一郎, 伊藤裕. 腸内細菌と肥満症. 実験医学 34: 215-220, 2016
  24. 入江潤一郎, 伊藤裕. 腸内環境と糖脂質エネルギー代謝. Annual Review糖尿病・代謝・内分泌 2016:212-218, 2016
  25. 入江潤一郎, 伊藤裕. 肥満症の改善はなぜ,難しいのか?~腸内細菌叢と肥満症. 日本内科学会雑誌 104: 703-709, 2015
  26. 入江潤一郎, 伊藤裕. 腸内細菌叢と内分泌・代謝疾患. 日本内科学会雑誌 103: 2813-2819,2014
  27. 入江潤一郎, 伊藤裕. 腸内細菌と代謝異常症. 肥満研究 20: 26-31,2014
  28. 入江潤一郎, 伊藤裕. 糖尿病―深化する疾患コンセプト 腸内細菌叢と糖尿病・メタボリックシンドローム. カレントテラピー 31: 937-942, 2013
  29. 入江 潤一郎, 伊藤 裕. 肥満症の治療 : メタボリックサージェリーと腸管ホルモン. 最新医学 68: 110-117, 2013
  30. 入江潤一郎, 伊藤裕. 臓器連関からみた心血管病発症のメカニズム -腸管環境と心血管病 -. 心臓 44: 1498-1503, 2012
  31. 入江潤一郎, 伊藤裕. 肥満症の病態と治療に関する最近の知見- 肥満症の治療薬としての胆汁酸吸着レジンの可能性-. カレントテラピー 30: 565-569, 2012
  32. 入江潤一郎, 伊藤裕. 糖質制限?脂質制限? -糖質制限-. アンチ・エイジング医学 8: 412-416, 2012
  33. 入江潤一郎. 内科診療における論点 VI.内分泌・代謝 メタボリックシンドロームの診断基準に腹囲は必須か? 内科 107: 1233-1239, 2011

受賞歴

2015年6月 第33回日本肥満症治療学会 若手優秀演題賞(菊地理恵子)

2015年6月 第33回日本肥満症治療学会 若手優秀演題賞(楠本幸恵)

2014年7月 第32回日本肥満症治療学会 ポスター演題優秀賞(楠本幸恵)

2014年4月 第51回日本臨床分子医学会学術集会 学術奨励賞(楠本幸恵)

2013年10月 第34回日本肥満学会 若手研究奨励賞(YIA)(楠本幸恵)

2013年7月 第31回日本肥満症治療学会 ポスター演題優秀賞(伊藤 新)

患者のみなさまへ( コレバインの糖尿病への影響に関する調査のご協力のお願い)

「コレバイン(コレスチミド)」は高脂血症(脂質異常症)のお薬で古くから使用されておりますが、最近このコレバインにより糖尿病が改善する可能性があることが分かってまいりました。そこで当院ではコレバインを今までに服用されたことがある患者さんを対象に、コレバインを内服された前後の血糖値やコレステロール値などの値をカルテ(診療記録)から調べさせて頂き、コレバインが血糖管理を良くする効果について調査を行い、より良い糖尿病の治療に役立てたいと考えております。

この調査では、調査担当者が対象となる方のカルテ(診療記録)を選び、以下の内容についてデータを集計させていただきます。HbA1c、血糖値、HDLコレステロール、LDL-Cコレステロール、中性脂肪、肝機能、インスリン、Cペプチド値、年齢、性別、体重、身長、胴囲、血圧、喫煙/飲酒状況、服薬状況、糖尿病のために受けた治療 ※収集されたデータは個人の特定ができない形でまとめられ、解析されます。

この研究は、糖尿病の患者さんのうち2006年4月から2012年8月の間に、コレバインを内服されたことのある糖尿病患者さん約50名が対象となります。新たにアンケート調査や採血検査などをお願いすることはございませんので、該当の患者様に個別に説明を行うことは予定しておりません。個人情報は厳重に管理され、該当患者様に危害がおよぶ可能性は一切ございません。自分がこの研究対象に該当しているか等のご質問は下記問い合わせ先にて随時受け付けております。またこの研究への参加拒否を表明することも自由です。当然、協力拒否の表明によって患者様にはいかなる不利益も生じません。本研究の内容に関するお問い合わせは研究実施責任者 入江潤一郎(03-5363-3797 直通)までお願い致します。

患者のみなさまへ(神経心理学的検査による肥満症高次脳機能評価およびFTO遺伝子多型と血中レプチン・アディポネクチン値との相関の検討のご協力のお願い)

肥満症による様々な合併症の改善には減量が有効ですが、食事や運動などの生活習慣の修正は難しく、減量に継続して成功するのは困難です。その原因として、肥満の方では認知機能のうち、特定のことを行うのを苦手とする傾向にあるのではないかと考えられています。しかし世界的にもまだデータが不足しており、日本でのデータはありません。本研究では肥満症の方の認知機能を評価するとともに、体重変化に伴いこれらの認知機能が変化するのかを調査します。同時に行う血液検査では、一般的な生化学的項目に加え、DNAを抽出し肥満の方の認知機能と関係があるとされるthe fat mass and obesity associated gene (FTO)遺伝子の遺伝子多型の検討と、血中レプチン・アディポネクチン値の解析を行います。これらは肥満症や認知機能と関連があるといわれている遺伝子やホルモンです。また、体重やウエスト周囲径の変化、血液や尿の検査も行います。また、不眠症があると、神経心理学的検査のスコアが影響を受けることが報告されているため、睡眠状況についての質問票にも答えて頂きます。これらの検査を通じて、将来、肥満症のより有効な治療法の開発につなげたいと考えています。

初回時以降、約6か月ごとに1年間に渡り(0ヶ月目、6ヶ月目、12ヶ月目の計3回)、睡眠調査票への記載を行っていただいた後、神経心理学的検査(どのようなことを行うのが得意か苦手かを検査するもの)を行います。この検査は睡眠調査票と併せて約1時間の時間を要します。また、診療データをカルテや質問票を用いて集めるとともに、血液を採取して検査をします。血液検査は外来診療で採血する分とは別に、初回時のみ採血管2本分(約16cc)を、6ヶ月目、12ヶ月目には採血管1本分(約8cc)を採取させていただきます。採血の方法は通常の検査の時の採血と同じで中央採血室で行います。本研究への参加は、肥満症の認知機能に関する理解が深まることに役立ちますが、現時点であなたに対して直接の利益はありません。睡眠調査票および神経心理学的検査の結果はご希望に応じてお伝えいたします。FTO遺伝子多型や血中レプチン・アディポネクチン値についてもご希望に応じて結果をお伝えしますが、肥満症や肥満症の認知機能にどのように関係するのかについては完全には明らかにはなっておりません。本研究では、初回時は約8cc×2本、6ヶ月目および12ヶ月目には約8cc×1本の採血をさせていただきます。また、睡眠調査票および神経心理学的検査は記入および回答に約1時間の時間を要します。ご負担を軽減するために、血液検査は中央検査室で行い、出来る限り外来診療の採血と同時に行います。採血の方法は日常診療の際と同じであり、採血に伴って内出血、ひじの神経を傷つける、血圧低下、などの可能性がありますが、熟練したスタッフが行うことによりこれらの可能性は少なくなると考えられます。また、睡眠調査票および神経心理学的検査の施行は出来る限り外来診療の採血・検尿結果を待つ時間を利用して行います。本研究の内容に関するお問い合わせは研究実施責任者 入江潤一郎(03-5363-3797 直通)までお願い致します。

患者のみなさまへ(アンケートによる減量治療中の肥満症患者心理および行動の検討のご協力のお願い)

本研究は、減量を目的とする肥満症患者様にアンケートに答えていただくことで心理および行動に関する情報を収集することが目的です。 肥満者では、体重増加をもたらす生活習慣が存在すると考えられます。一方で、その生活習慣の修正をご自身の努力だけで成し遂げるのは非常に困難な場合が多く、そのため、入院により減量効果が認められた後も、自宅療養の際にリバウンドしてしまう方が多くいらっしゃいます。生活習慣は、遺伝的背景に加え、社会的背景、心理的および身体的背景によって規定され、行動へと結びつくと考えられています。また、減量治療を始めた時の心理および行動分析が、それぞれの体重管理に有効である可能性も報告されています。 そこで、本研究では減量のために治療を受けていらっしゃる肥満症患者様に何度かアンケートに回答していただき、肥満症とその治療に関連する現状を知ることで、最終的に肥満症治療・療養指導に役立てることを試みます。

 本研究では、減量のために治療を受けていらっしゃる患者様の外来診療の前後の待ち時間に20分前後のお時間をいただき、アンケートに答えていただきます。アンケートはご自身で記入していただくものです。研究では、各人のアンケートのスコアと患者様全体でのスコアの傾向を評価します。またアンケートをお願いした時には、その時に通常の受診をしている時の肥満症に関連したカルテの記載事項、各種検査結果を含む診療情報との関連を調べさせて頂きます。このアンケートのために新たな検査を行っていただくことはありません。本研究の内容に関するお問い合わせは研究実施責任者 入江潤一郎(03-5363-3797 直通)までお願い致します。


肥満・2型糖尿病発症・予防グループ

一覧へ戻る

副腎内分泌グループ


↑PAGE TOP